きれいやなあ  

グループホームのお年寄りと琴のおけいこを楽しんでいる頃のことでした。

コーロリン コーロリン
私の真似をして
親指 人差し指 中指が
あっちへ行ったり こっちに来たり
 きれいやなあ
音色が違うといって笑う

さくら 荒城の月 糸車
二重奏した日はいつのことだったろう
コーギー犬が足元で聞き惚れて
うつら うつら
 あんたええ子やなあ

幸せなひとときも去り
脳の中で小さな悪魔が住むようになった
その悪魔はお年寄りからお琴を奪った

 きれいやなあ
千代紙のようなお手玉を手に取り
重なり合う色の変化に心がはしゃぐ

私がお手玉をポンと投げると
頭の中のキューピットが喜んだかのように
「一番初めは一の宮
 二は日光東照宮
 三は讃岐の金毘羅さん・・・」

頬を染め 子供に還った
でも小学校の先生の尊厳は目の奥に残っている
それは決して相手を悲しませたりしない
愛嬌の笑みである

お手玉に疲れお互いの手と手を握った
 きれいやなあ
少し若い私の手と比較している
皺のたるみをつまむと
キャッ キャッ 笑う
指をからめ合ってぬくもりを確かめ合った

私の母だったら こんなに優しくは出来ないだろう
傍らで眺めている長男の気持ちが胸にひびく

レビー小体型認知症
日本ではアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症と並び三大認知症と呼ばれている
時々空間に目をやり、うなずいては笑っている

それから
すべてが遠のき
リビングの椅子に目を閉じて座っていることが多くなった
声をかけ、手を握ると離さずに愛想ふるまいは忘れない

とうとう病院のベットの人となった
20年前
尊厳死の宣言書を書いたという
そのおかげで
管人間にならずに旅立つことができた

 きれいやなあ
今頃は あの世で見る景色に呟いていることだろう
                        2013.1.4
JUGEMテーマ:趣味
| comments(0) | - | pookmark▲ top

詩:晩秋の夕陽


     夕陽は煙色の雲を纏い
     淡く燃え滾る
     やがて厚い雲の中へ
     落ちる

     落日のダイヤモンド
     淡い空に光を放ち
     雲の稜線を
     赤く染めゆく

     小菊の花束と
     収穫の野菜を抱えたまま
     窓より晩秋の夕陽と対話する


     今日一日出合った人々の
     優しい心が蘇り
     夕焼け雲の中に溶けていく

                             ゆう

JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top

詩:朝蝉の呟き


     日曜の朝
     眩い陽光が窓を射す
     朝餉の音も聞こえず
     ただ蝉の呟きが大気を突き破る

     眼を閉じると
     蝉の会話が耳元に響く
     いつの間にか
     静寂の世界に吸い込まれていく

     地震の恐怖も
     世界経済の不安も
     何もかも消える

     宇宙に浮かぶ地球
     そこに生息する生命が
     穏やかに揺れている
     心の平安

     遠くの方で微かに呟く蝉の声が
     再び
     耳元で響き
     覚醒する
  
     朝餉の音
     そして一日は始まる

                                 ゆう

JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top

詩「五黄土星」はインストラクター

 
                   
     乾いた硫黄の世界
     黄色い岩石の土
     それは140億年前の
     ビックバンから始まった干からびた場所

     一面の黄色の世界は
     宇宙に宿る九つの星の中央に定められた
     五黄土星の世界
     八つの星のインストラクター

     太陽と地球の誕生
     海・大陸・大気は
     人類の先祖を育んだ
     人間は
     大自然の養分をいっぱい貰い成長・進化している

     人間の体内には
     宇宙開びゃく直後の痕跡が
     いっぱい入っているという
     その進化の中で
     人間はちょっと変わった存在物となった


     私たちは銀河の時代のごく初期にいる
     今の瞬間に現れて次の瞬間にはいなくなる
     点のようなところで今の瞬間を生きている
     ゴーギャンの絵のように謎を持ちながら

     やがて
     未来の太陽の熱で気体となり
     銀河系の物質の循環の中にかえっていくだろう


     宇宙の存在物・人間
     五黄土星の強引な腕力で
     太陽が燃え尽きないように
     宇宙船地球号の乗組員を
     宇宙の永遠に宿してください

                                    ゆう

JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top

詩「樹々が笑っている」

             
                    やなぎ ゆう

     樹々が笑っている
     ワッハッハ ワッハッハ 
     と、お腹を抱えて笑っている
     身体を支えきれなくて
     隣の樹と手を取り合い
     頭をゆすり 胴体をゆらし
     腕を前後左右にパタパタと
     激しい体操は止まらない

     もう耐えられなくて
     誰か止めてくれーッ 
     と言っているような気もする
     南から台風が運んできた強風が
     横浜の空でも暴れている

     樹木は地球で起こるすべてのことを知っている
     風が情報を運んでくるから

     地震や津波が起こることも
     東日本大震災のことも
     多くの人たちが波にさらわれたことも
     そして一握りの人間が起こした過ち
     福島原発から放射能漏れの事故が起きた事も
     世界中のどこかで起こっている戦争、人災、自然災を

     すべての森の樹々は知っている
     与えられた場所に根を降ろして
     大地の中から 空から 海から
     黙って見つめている

     樹は叫んでいる
     宇宙は永遠ではない
     人類が地球に存在していられるのも
     永遠ではないことを
     地震 津波はこれからも起こることを
     少しでも賢い生き方を見つけて
     世界の人類が団結することを

     樹々は怒って訴えていたに違いない
                                         ゆう

JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top

詩「一白水星」は深山幽谷の神秘な世界

九星のインスピレーション

  

     水ぬるむ「雨水」の頃
     人里離れた山郷の秘境の地
     雪消水は厳冬を追いやるかのように
     勢いよく渓を流れる

     小さな滝
     緑の息遣い
     その景色が織りなす理性的な世界

     渓流の舞姫 美肌のヤマメ
     水の精霊 獰猛で鮮やかな斑点のイワナ
     渓に棲む魚たちは
     清冽な水に逞しく命を育む

     そこは宇宙に宿る九つの星の北に定められた空間
     心洗われる無の世界
     一白水星の地


     クールな水に流されず
     神秘な世界に誘惑されず
     冷えに気をつけて摂生を

     素晴らしい飛躍の運気に恵まれるでしょう

                                           ゆう



参考資料
開運道運勢学 花見正樹
JUGEMテーマ:趣味


続きを読む >>
| comments(0) | - | pookmark▲ top

詩「優しさの輪が世界に広がる」


     日本の空に
     世界の空から
     励ましの言霊が粒子となって飛んでいる

     M9.0巨大地震の被災地の人たち
     心安らかに待っていてください
     度重なる余震の恐れ
     凍てつくような寒さの中で
     胃の中を満たしてくれる糧も無く
     清潔で寛ぐ場所も
     何もない世界であなたたちは息をしている
     もう限界かもしれませんね
     どうぞ諦めないで待っていてください

     道路を直し、必要な物資を積んだ大きなトラクターが
     まもなく着きます
     人間の無限の叡智が行動力となり
     その力を発揮する時を待っているのです

     日本人の団結力は
     世界の人たちも賞賛するほど強いのです
     そして何より強固なのは「祈り」です
     今 優しい祈りの輪が
     日本中の隅々から世界へと拡がっています

     その祈りが大きくなったとき
     日本は立ち直ります
     人間の生きる力はひ弱ではありません
     かつての歴史の人々が教えているように


     赤々と心に燃える希望の光が
     ほら! そこに見えています
                                             ゆう


JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top

詩「ヒヨドリ」



     粉雪が舞う朝
     ヒヨドリが帰ってきた
     どこを旅してきたのだろう
     仲間と一緒に
     危険いっぱいの海洋を
     子供をつれて渡ってきたのだろう
     辿り着いた先で別れ自分のふるさとへやってきた

     ピィ― ピィ―
     あの甲高い鳴き声は
     帰郷の知らせ

     私は閉ざされた部屋で
     キーを操る指を止め
     懐かしいさえずりを聴き入った

     欅の梢で羽づくろいする
     青灰色の頭 煙黒色の長い尾
     精悍な姿の出で立ちで
     ヒヨドリの家族はこの地で生きる準備をしている

     凍てついた沈黙の世界の中で
     今だ覚めやらぬ日々

     ヒヨドリの帰郷は
     春の訪れの近づいたことを
     私に告げにやって来たのです

                                    ゆう




JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top

詩「新春筝の演奏会」


     デイサービスの幸齢者
     いつもの顔が待っている
     今年も会えて心が喜ぶ

     六段の調べ 雅の世界
     時空の青春 心で奏でる

     花かげ
     十七絃のひびき 心に落ちて
     時空の青春 童謡を歌う

     荒城の月
     歌声朗々と伸びる

     ふるさと
     時空の子供 原風景を行く
     懐かしき家 今ここに蘇る

     月の砂漠
     幸齢者 マイクに声を乗せて
     キラメク心 今ここに

     七つの子
     天使の歌声 頭上に流れる

     星のセレナーデ
     幸齢者 宇宙にご招待
     箏のささやき 星屑ちりばめ
     銀河の流れ ケアプラザルームに拓がる

     夕焼けこやけ
     時空の子供たち 心の手をつなぎ
     心の家に帰る
     ありがとう
     いつまでも お元気で

                                        ゆう




JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top

詩「雷雨」


     雲が流れる
     北東に向って勢いよく流れる
     大きな固まりは去り
     青い目をもった煙雲
     ゆっくり追いかけ流れる

     早朝の雷雨
     季節の終わりを告げる

     情熱の秋は去り
     燃えつくした樹々は
     紅い衣を脱ぎ捨て
     小枝に滴の花を咲かせる


     一陣の風
     残されたゆずり葉は小枝にしがみ付き
     驚き震える

     やがて
     陽光は雲間より雷雲を追い払い
     晩秋の煌めきは
     次なる季節へと
     ページをめくる

                                    ゆう

JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top