Entry: main  << >>

詩:晩秋の夕陽


     夕陽は煙色の雲を纏い
     淡く燃え滾る
     やがて厚い雲の中へ
     落ちる

     落日のダイヤモンド
     淡い空に光を放ち
     雲の稜線を
     赤く染めゆく

     小菊の花束と
     収穫の野菜を抱えたまま
     窓より晩秋の夕陽と対話する


     今日一日出合った人々の
     優しい心が蘇り
     夕焼け雲の中に溶けていく

                             ゆう

JUGEMテーマ:趣味


| comments(0) | - | pookmark▲ top
Comment »Post New